2021.07.01

【プレスリリース】KDDIが提供する次世代型オンライン教育サービスの実証実験に参画

小学生向けプログラミングレッスンを担当

本実証実験は KDDI 株式会社による子どもたちが将来活躍するために必要な実践的な学びの支援を目的として、小学生向けに 2021年7月21日から2021年8月7日まで行われるものです。 
次世代に活躍する子どもたちに、学校教育だけにとどまらない教科外の学びに触れていただき、予測困難な未来を生き抜くために重要性を増している21世紀型スキル・非認知能力を伸ばしていただくことを目的としております。

◇プレスリリースURL
https://www.atpress.ne.jp/news/265418

■ オンラインライブ授業システムの採用 
レッスンはKDDI が開発したオンラインライブ授業システムを使用し、オンラインでありながらインタラクティブなレッスンを実現。クイズへ回答したり、チームメンバーへエールを送ったり、少人数の対面レッスンのように生徒と講師間で活発なコミュニケーションを図ります。 
レッスン中には行動ログをとり、受講後に今後の学びをアドバイスすることでより深い学びへと繋げていきます。 
さらに、本実証実験前に受検いただく参加者の気質診断のアセスメント結果を分析し、最適な少人数チームの自動編成を行います。またレッスン中の行動ログや事前・事後の各種アセスメント診断により、個人別の気質や興味範囲、能力などの結果提供や子育てアドバイスのご提供をいたします。  
オンラインライブ授業の詳細につきましては下記よりご確認ください。  

◇KDDIニュースリリースURL
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/07/01/5218.html

◇KDDI 小学生向けオンライン教育 ’21夏トライアル
https://education.auone.jp/

■ レッスンの概要 
本実証実験ではプログラミングを始め、アート、科学、スポーツなど全 41 レッスンの中から、お好きな時間のレッスンを予約して受講することができます。学校や家庭では触れることが少ない学びにより、新しい考え方、多様な価値観を知ることで興味開発を促します。 
当社が担当するプログラミングレッスンでは『Scratch』を使用します。学習用のプログラミング言語である『Scratch』は、プログラムの命令ブロックを組み合わせながら操作するため、初心者でも無理なくプログラミングを学んでいただけます。 

今回の実証実験におきましては、期間や人数が限定されておりますが、本格的なサービス提供となった暁には、さらに多くの子どもたちに楽しい学びをお届けしたいと考えております。